相田みつを美術館の特徴

相田みつを美術館の特徴

[人間だもの]で、あまりに有名といってもよいほどの、相田みつを美術館が、東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラムガラス棟地下1階にあります。
とてもアクセスの良い場所にあり、館内には、新しい展示方法などがされていて、相田みつをワールドを堪能できるかたちになっています。
体が不自由な方への配慮も十分で、車イスについおては、申し出れば用意してもらえますし、カフェからショップに降りる際は車イス用昇降機の利用ということもできます。
相田みつをは、栃木県南西部の足利市に生まれ、栃木県立足利中学校卒業後、歌人・山下陸奥に師事。
1942年に曹洞宗高福寺の武井哲応老師との出会いにより、在家しながら仏法を学んだのです。
1943年に書家である岩沢渓石に師事、全国各地で展覧会を開催しました。
独特の書体、伝わるメッセージとともに、多くの人に学びや、勇気、穏やかさを与える作品を、数々発表しました。
詩人であり、書家である相田みつをの多くの作品に、直にふれることができるのが、[相田みつを美術館]なのです。
美術館館長の相田一人は、彼の長男です。
[相田みつを美術館]では、セミナーも開催されていて、相田一人館長による、さまざまなテーマの講演がおこなわれていす。
また、島谷ひとみ×相田みつをという、コラボで、 書家・詩人として多くの作品を生み出した相田みつをの書「雨の日には…」の元となった詩を歌詞に取り入れた楽曲もつくられました。
着うたの配信もされているのです。