サントリー美術館の特徴

サントリー美術館の特徴

六本木ヒルズの近くに、東京ミッドタウンがオープンしました。
これは、赤坂9丁目に造られた、ホテルや住宅、オフィスやメディカルセンターなどの融合体です。
この東京ミッドタウンの一つに、2007年の3月にサントリー美術館がオープンしました。
大都会の中のこの美術館は、六本木ヒルズの森美術館、国立新美術館と共に、地理的に大きな三角形を作ることから、六本木アート・トライアングルと呼ばれています。
サントリー美術館の展示室は、3階4階で、他は6階がホールとロビー、それに茶室があります。
窓は大きなガラス張りで、まるで壁面が東京のロケーションであるかのようです。
ピカソなどいろいろな有名画家の展示に加え、子供から大人向けのイベントも開催しています。
サントリー美術館には、メンバーズ・クラブがあり、会員になると会員だけの内覧展などに招待してもらえます。
子供向けイベントは、エデュケーションプログラムで保護者が会員であればより優先的に参加できるようになっています。
このように、サントリー美術館は、単に芸術を目で見て楽しむだけでなく、実際に芸術を生み出し、体感できる美術館として人気を集めています。
また、こうした美術館とはまったく雰囲気を異にする茶室「玄鳥庵」では、休館日を除く隔週木曜日に点茶席が楽しめます。
この「玄鳥庵」は、サントリー美術館が設立された1961年から、現在に渡って引き継がれています。
また、SHOP×CAFEには、金沢の麩の専門店不室屋が入っています。