六本木美術館の特徴

六本木美術館の特徴

六本木の美術館、国立新美術館は、日本で5つ目の国立美術館として、2007年1月21日開館しました。
内外から人やモノ、情報が集まる国際都市、東京に立地する美術館として、「美術」を介して人々がさまざまな価値観に触れる機会を提供し、新しい文化の創造に寄与するというコンセプトです。
コレクションを持たず、国内最大級の展示スペース(14,000u)を生かした多彩な展覧会の開催、美術に関する情報や資料の収集・公開・提供、教育普及など、アートセンターとしての役割を果たしています。
日本では、新しいタイプの美術館といえるでしょう。
建物周辺の美しい緑と調和した、波のようにうねるガラスのカーテンウォールのような外観は、人の目をひきます。
館内には、充実したアートライブラリーやミュージアムショップ、1つのレストランと3つのカフェなどをそなえています。
館内のミュージアムショップでは、ジャンルやスタイルの壁を超えて、世界中のアーティストやデザイナーたちが発するエネルギーを、紹介するというコーナーになっています。
都心の新たな憩いの場として注目を集めているといえるでしょう。
この、国立新美術館と、サントリー美術館、森美術館の3館は、地図上で三角形を描く「六本木アート・トライアングル」として、新しいアートの拠点になっています。
「六本木アート・トライアングル」マップも製作され、配布されているのです。
六本木美術館めぐりといった、新しい街の歩き方が出来るということです。