上野美術館の特徴

上野美術館の特徴

JR上の駅周辺には、たくさんの美術館があります。
例えば、西洋美術館や東京美術館、そして、上野の森美術館です。
上野は、芸術の街といえるかもしれません。
上野美術館の中で、上野の森美術館は、財団法人日本美術協会美術展示館を新しくリフォームして昭和47年に建てられました。
ここでは、重要文化財を公開したり、国際展やいろいろな企画展を開いています。
芸術を志す人にとっては、この上野の森美術館の主宰する、「上野の森美術館展」に出展することで、画壇への一歩を踏み出すことになります。
上野の森美術館は、上野公園という環境の下、そこに溶け込んだ自然の中の美術館だと言えます。
平成18年8月には、上野の森美術館の横に小さなギャラリーができました。
このギャラリーは、規模の小さい企画展に利用されています。
上野の森美術館へ入って、ゆったりとした時を過ごし、上野公園を散歩するのも良いでしょう。
上野の森美術館で展覧会を見た後にぜひ立ち寄りたいのが、カフェMORIです。
ここは、カフェとショップが一つになったお店です。
素敵なグッズを見つけたり、挽き立てのコーヒーを気の会う仲間と飲みたいものです。
このカフェMORIは、上野の森美術館の入場券がないと入ることができません。
ショップには、カラフルなインクビンやモビールなどがあります。
上野の森美術館では、アートスクールも開催されています。

一年の半分を前期かカリキュラム、後記カリキュラムに分けて毎年色々な企画が開催されています。