森美術館の特徴

森美術館の特徴

森美術館(もりびじゅつかん)は、東京都港区六本木六丁目の六本木ヒルズ森タワー53階部分に位置しています。
森アーツセンターの核となる美術館施設なのです。
地上約230m(53階)に美術館をつくる驚くべき発想という点でも、この、美術館自体を、大きなアートとして、捉えてもよいかもしれません。
建物内の展示空間としては、日本最高所に位置しています。
通称は森美術館の英語名称であるMori Art Museumの頭文字を取り、MAM(マム)と呼ばれます。
森美術館の施設設計は、アメリカ・ニューヨークのホイットニー美術館や、ドイツ・ベルリンのグッゲンハイム美術館等を設計した、リチャード・グラックマン(Richard Gluckman)です。
2003年10月に開館し、開館2年後までは所蔵作品を持たない美術館でした。
初代館長は、ストックホルム近代美術館館長等を務めた、イギリス国籍のデヴィッド・エリオット氏(David Elliott)が就任し、日本国内で初めての外国籍美術館長となったのです。
展示作品の種類は企画される展覧会の内容により異なりますが、主に近代美術や現代美術が中心です。
入場料は、展示内容毎により価格が異なることがありますが、基本的には六本木ヒルズ森タワーの展望施設である東京シティービューの入場料を含んだ料金になっています。
都会の真ん中に位置し、お買い物の途中にでも、気軽に寄れる美術館といえるでしょう。
ミュージアムショップを覗いてみれば、現代アート中心で楽しい品揃えになっています。