ジブリ美術館の特徴

ジブリ美術館の特徴

隣のトトロでおなじみのスタジオジブリの美術館がジブリ美術館です。
JR新宿駅から中央線の快速で20分の三鷹駅が最寄の駅になります。
三鷹駅は、玉川上水などで有名で、自然に囲まれたとても良いところです。
この三鷹駅から玉川上水に沿って歩いて15分のところに、ジブリ美術館があります。
コミュニティーバスや、ジブリがデザインしたバスも三鷹駅からジブリ美術館まで運行されていて、このバスに乗れば5分で着きます。
ジブリ美術館では、企画展示や映像展示室土星座があります。
土星座では、一ヶ月ごとに上映スケジュールが変わる、約15分ほどのアニメが上映されています。
トライホークスという図書閲覧室もあります。
この他、常設展示室には、映画の生まれるところという5つの小部屋があります。
このジブリ美術館の入場チケットは、すべて予約販売となっています。
そして販売場所は、ローソンに限っています。
一日4回の時間を区切っての入場券で、一旦入場すればいつ退場してもかまいません。
ただし、このチケットは毎月10日に翌月のチケット販売をしていて、インターネットで予約もできます。
祝日などは早いうちから売切れてしまうので、10日に申込みたいですね。
インターネットで予約状況も確認できるようになっています。
また、ジブリ美術館には、むぎわらぼうしというカフェもあります。

ここで、あったかい家庭料理を頂きたいものです。
そして、食事のあとは、マンマユートというショップに立ち寄るといいでしょう。