ノマディック美術館の特徴

ノマディック美術館の特徴

ノマディック美術館とは、グレゴリー・コルベールの造る移動式美術館のことです。
この美術館には、グレゴリー・コルベールの写真や映像作品が展示されています。
2002年にイタリアのヴェネツィアでノマディック美術館が初めて開催されました。
もともとグレゴリー・コルベールは、全世界で自分の作品展を開きたいという構想を1999年に抱きそれが実現したといえます。
この作品展の名前は、Ashes&Snowで、内部の装飾では100万個のティーバッグを使ってカーテンにしたようです。
そして、照明器具に趣向を凝らして、もともと造船所であったところを見事に美術館に変えたといわれています。
2005年の3月にはニューヨークにノマディック美術館が建てられ、ここでは日本の芸術家の坂茂が手がけたようです。
たくさんのコンテナを利用した建築でした。
2006年の3月にはサンタモニカ、そして、2007年には日本にもやってきました。
日本では東京のお台場に建築されました。
さらに2008年1月には、メキシコシティーで、建築家のシモン・ベレスによって建てられました。
ノマディック美術館は、いつも最新の建築技術を用いているので、内装や展示品のすべてが大きな作品として人々に愛され続けています。
2009年の初めにはブラジルで開催されることが決まっています。
写真、映像、建築が一体となった全世界を回る美術館として、新しい社会の中で、しだいに多くの人々の注目を浴びています。