横浜美術館の特徴

横浜美術館の特徴

横浜美術館は、神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目4番1号にあります。
1989年3月に、横浜博覧会の施設として開設されました。
その後、同じ年の11月3日に開館した美術館なのです。
コレクションには、ダリ、マグリット、ミロ、ピカソ、セザンヌなどの作家の作品があります。
また、幕末・明治以来の横浜にゆかりの深い作家の作品など幅広く収集しています。
横浜美術館は、展覧会を見るということだけでなく、「みる」「つくる」「まなぶ」の連携を基本方針として設立されました。
創作体験の場としての「市民のアトリエ」「子どものアトリエ」での各ワークショップが開催されます。
また、「まなぶ」として、「美術情報センター」において内外の美術図書・ビデオ作品などを公開しています。
そして、アートな世界に、気軽に触れることができるようにと、企画展開催中には入場無料の「クラシック・ライブ」というミニコンサートが開催されたりもするのです。
カフェスペースやレストランもあり、アートの余韻にひたりながら素敵なひと時を過ごすことができるのです。
また、横浜美術館では、多くの市民が美術館運営にかかわってもらおうということから、ボランティアの募集を行っています。
美術館を利用する来館者の幅を広げる事を趣旨として、各活動の申込み条件に合致し、やる気をもって参加できるのであれば誰でも参加することができます。
美術館は、作品を眺めるだけではなく、貴重な時の過ごし方ができるスペースといえるでしょう。

横浜美術館の特徴関連ページ

岡本太郎美術館の特徴
彫刻の森美術館の特徴